シナダ家の人々Ⅱ

~楽しい我が家~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私って、色々思うことはあっても、
気弱なのであんまり人に対してハッキリ物申せないんですね(´Д`)

(家族には超ハッキリ物申すのにね・・・怖いくらいにね・・・内弁慶ってやつですね・・・)

とにかく、他人に対しては穏やかに接する方だと思うんですけど

そんな私、道徳に反する人とか、やっちゃいけないことする人とか、
それってアナタ絶対間違ってるでしょ、とか、そういうの目の当たりにすると、


スイッチ入ります。 (※過去記事参照

  


で、タイトルにもあるように、先日、キレました。



キレる、キレる、って、あんまりいい言葉ではないし、そんなにいいことではないけど、
私も結構、我慢した挙句の果てのことです。


私、店頭販売されていない化粧品を通販で購入していまして、
いつも代引き(代金引換サービス)なんですね。
自宅に届けにきてくれた運送会社に代金を支払うっていうシステムで。

で、二種類の化粧品をそれぞれ違う会社から購入しているので、
届けに来てくれる運送会社もそれぞれ違います。

一方は「佐○急便」さんで、もう一方は「○○(ローカル)運輸」。

すでに「さん」付けなしなのでお気づきでしょうが↑、
この「ローカル運輸」がいつもひどいんです!(「さん」付けしたくないもん!)

「佐○急便」さんが素晴らしくいつも丁寧なので(担当者が変わってもみんな丁寧!)
より一層、この「ローカル運輸」のひどさが露呈してるってわけですけども。


わかりやすく、順を追って解説します。



その①:    ピンポ~ン♪(インターホン)

      「荷物ですけど。」 (←ローカル運輸が来たのね)


        ・・・で? ってゆう。


        ・・・は? みたいな。 

       
      まず名乗ろうよ。 

      
      「荷物ですけど。」 じゃなくてー。 「○○運輸です」って言うでしょ普通。
      
      さらに丁寧な人は 「○○さんからのお届けものです」 って言ってくれるよ?
      信用できるし完璧!



その②  (納得いかないけど、あぁ○○運輸だ・・・とわかったので)
      ドアを開けたら

      いきなり 「○○円ですけど、お金・・・」


      て!
   
      まずさ、「代引きの商品です。」 くらいは言おう?

      そしてそれより重要なのは、事前に電話くれました?って話です。

      通常、代金引換の商品のお届けものの場合は
      現在在宅か確認のためと、客に代金の金額を伝え用意してもらうため、
      家に来る前に電話をくれます。
      そのへん、「佐○」さんは完璧ですが。 

       
その③  で、いきなり連絡なしで来たくせにお金をもらおうとしてることに
      納得いかないけど、とりあえず細かいのがなくて一万円を出しました。


      「えー! 一万円ですかぁ?? (困り顔)」


       って!

       えー! じゃねぇよ。

       こっちが えー! だよ。


        
      まぁね、百歩譲って、一万円出されるとめんどくせーという気持ちはわかります。
      わかるけどね、それ態度に出しちゃダメでしょう。
      それって客商売の基本じゃないですか?
      それに私だって、対応の良い「佐○さん」に対してだったら
      「一万円しかなくて、すみません~」 って言います。
      でもいつも態度の悪いあなたには、申し訳ないという気持ちはもてねぇす!
      はっきり言って!
  

      しかも!

      「じゃあ、仕方ないんで・・・はぁ(ため息)
       おつり、車に取りに行ってくればいいんですね・・・ はぁ(ため息)」 


       そんな事情知らねー! おつり銭くらい用意しとけー!




その④   もううんざり。
       
       言っておきますけど、これ、たった一度きりの出来事ではなく、
       これが4,5回続いたんですよ?
       ありえないし!
       私もよく我慢したな、って感じですけど。



その⑤   ある日、めずらしく(とゆうか初めて)代引き商品配達の
       事前の電話連絡が来ました。
       担当者がいつもと違う人だったからでした。
      
       「代引きなんですがぁ今から行きますけど、家にいます?」

       (こいつもまず名乗らないし!)

       外出だったので不在の旨を伝えると

       「えー? いないんですかぁ?・・・(ちっ)」

       ちょっと待て?
       私、確実に受け取りできるよう、配達は夕方の時間指定にしてますけど
       この電話来たの、お昼ですよ?

       「忙しいんでー、今のうちに行きたかったんですけどねぇ!
        じゃあいいですわ。」  ガチャっ!

        って!

        そっちの事情、知ったこっちゃない! 
        ってかもー、何様なんですか!  
 

そんなこんなで○○運輸は全体的に、企業的に、ダメな体質なんだと思います。
どんな教育してるんだか!本当に腹が立つ!


それで先日の代引きの配達で、またしても全く同じ態度だったので


スイッチ入りました。




「あのねぇ! まずねぇ! あなたどこの運送会社なんですか!」


まず、そこからですよ! 

で、私の爆発はとまりません。


上で述べた数々を、要点まとめて、理路整然と、やや怒り口調で(やや?いや、かなり)
ダーッ!! と、お説教が始まってしまいました。

     
             
「まず、インターホン出たら、名乗ってください!」 


「で、代引き商品です、くらい言ってください!」 


「第一、事前に電話連絡入れるのが普通ですよ!?」


「客に対して『一万円しかないんですか?』って言い方はダメでしょう!」


「それに、おつりくらい用意しておくのが常識じゃないですか?」


「だいたい、これ毎回毎回じゃないですか!
       何回繰り返してると思ってるんですか!?」



「佐○急便さんを見習ってください!!」


「もう、あなたの会社、利用しませんから!!」



    
お、おっかねぇ~(゜Д゜)


なんか、すごい、私。
こんな早くしゃべれるんだ?って自分でもびっくりな、かなり饒舌になってました。
普段はあんまりしゃべりが上手くないけど、怒ると早口になるんです・・・
常にこんな堂々としてたらいいんですけどね、
まぁよっぽど、よっぽど、むかついたんですね(>。<)


それからすぐ、購入先の化粧品会社に連絡して、担当の運送会社を変えてもらいました。
(本当は佐○急便がよかったんですが、会社の都合上「ヤ○ト運輸」になりましたが・・)



実はその問題アリ、の○○運輸ドライバーは 60歳くらいの女性・・・!!

だから、最初からあまり文句を言わないで我慢してたんです。
年配女性の方だし、仕事頑張っているんだろうから、目をつぶろうかな、と。
でもあまりにも毎回のことでひどいので、ついに限界に達したのでした。

自分の母親よりも年上の人にお説教するなんて、ちょっと複雑でして・・・

「言ってやった!」 という気持ちより、
「言い過ぎたかなぁ?」 という気持ちが大きく、少しへこみました(>_<)


おばちゃん、ごめんね? でも、改善しないとだめですよ?


あれはきっと他でもクレームがあるんじゃないかなぁ・・・



まぁ、なんだかんだ、ハッキリ物申せた私です。 こわいって(涙)




すごく長々とお読みいただきましてありがとうございました(涙)つ、つかれた・・・


長文作成、がんばったねクリック★
   ↓ いただけるとありがたいです!
 

  
スポンサーサイト
コメント

スッキリしましたっ。
同じ不満を持った人たちも多かったと思いますが(ホントひどいな)、その中でよくぞ言ってくれた!って感じです。
宅配業者ではありませんが、最近我が家には「不用品回収」と称して、新聞の勧誘をする兄ちゃんが多いです。ぐたぐたとゴタクを並べるので、そういう時は、

「で?」
「で?」

しか言いません。
そうすると大抵は逃げます(笑)
まぁ妻に任せておけば、それはそれで安心なんですけどね(おわっe-263
2008/01/29(火) 11:02:24 | URL | maeda #- [ 編集 ]

いやー、キレて当然ですよ!!
読んでてこっちまで、言ってしまいそうになりました。

私もなかなか言えるたちではないのですが、
これだったら絶対言います!!

おばあちゃんだったとしてもです。
なおさら、お手本になって欲しいお年頃なのに残念です。

長文作成お疲れ様でした!応援ポチ★
2008/01/29(火) 12:51:26 | URL | えさこ #- [ 編集 ]
新潟の「斉藤さん」
よくやった。感動した。。。と、
小泉純一郎氏なら、きっと言っていることでしょう。

過去記事も読んで・・・
こんな人いるんだぁ~~と感動しました。
私とさっちんさんとはかなり性格が似ていることを感じ
親しみがより湧いてまいりました。

でも、さっちんさんのお母さんは偉いですよね。。。
お言葉を読んで感心しました。
うちの母などは、「おまえはなんでそう要領が悪いんだ。」と・・・
正義を貫く私をいつも叱ってばかりでした。

子どもの頃、いじめなど見ると・・・
相手が番長だろうとなんだろうと・・・卑怯なことはやめろ・・・と言って止めては、
その矛先が向けられたりしていたからです。
そういう時、守ってやった子が、自分をいじめていた方に加担しているのですから、
情けないものです。
その子分たちも、何年か経って自我に目覚めてツッパリだしたりした時は、
俺は、あの時、おまえのこと、すげぇ~なぁ~と思っていたんだよ。。。などと、
言う者もいましたが、
当時は、クラスの男子全員が敵・・・ということもありました。
でも、そんなの関係ねぇ~~。。。
と自分を通す私に対して
親が、おっぱっぴ~~となるのは無理もないのですが、
さっちんさんの母親は、偉大です。素晴らしいです。

だから、「もののふ」のさっちんさんが育ったのですね。

現在ドラマで「斉藤さん」ってやっているけど・・・
やはりあのような方が必要ですよね。
さっちんさんは、新潟の「斉藤さん」ですね。

でも、さっちんさんは優しいです。
本人に言ってあげるのですから・・・
しかも、その方のことをそんなに気にされていて・・・

私なんぞは横着なもので、こういうひどいことが続くと、その会社に連絡します。

苦情と言うものは、突然に起こるものではなく、
たまって、たまって、たまり抜いて・・・それが爆発して起きるんですよね。。。

かなり、その方の苦情は、会社に行っていると思いますよ。


私が、初めて勤めた会社は、お客様を目の前にしていなくても
「お客さん」という言い方をすれば、叱られました。
「お客さん」ではない・・・・「お客さま」だ。と・・・
2008/01/30(水) 01:18:22 | URL | karatepapa #- [ 編集 ]
maedaさんへ♪
なんだか、そのおばちゃんも、ヘラヘラした感じなので、
なんど怒っても動じなくて改善しないんだろうなー・・・って正直思います^^;

新聞の勧誘も、結構しつこくて迷惑ですよね~。
それにしても、「不用品回収」と称して、ってのがいやらしいですわ~。
正々堂々と勝負して来いやー!! ってちょっと違うか(笑)

「で?」 って・・・いいですねなんか^^ その一言に威圧を感じる(笑) 楽だし(笑)

私は面と向かってしまうと毅然とした態度で断れないことが多いので
インターホンで「○○新聞ですけど・・」 と言われた瞬間に
早口で 「すみません!!結構です!!」 と言ってすぐ切ります^^;

女性の方が強いというか、そういう対応うまいってことも多いんでしょうね^^
2008/01/30(水) 13:10:44 | URL | さっちん #z.Jczy7U [ 編集 ]
えさこさんへ♪
共感してもらえて、良かったです!
なんかだんだん、不満をヅラヅラ書いてたらむしろ逆に私イヤなやつかな?
とまで思い始めてて^^;

でも、やっぱ、言ってよかったですよね!?

ホントに、若いお兄ちゃんとかだったらこの態度もわかる気がするけど
女性って、男性よりは言葉遣いとかも丁寧なはずだし、
何より人生の先輩がその仕事ぶり、どうだろう?って、思いますよねー!

長文読んでいただき、応援もありがとうございます♪



2008/01/30(水) 13:20:07 | URL | さっちん #z.Jczy7U [ 編集 ]
karatepapaさんへ♪
「斉藤さん」 私は見てないんだけど、そうなのかぁ^^;
ちょっと恥ずかしいです^^;

karatepapaさんは、本当に正義感の塊で、ステキな方ですね!!
相手が番長だろうと立ち向かう、って、なかなかできませんよ!
弱い人を守ったはずなのに、その人まで自分の敵になるなんて
悔しいですね。
正義って、なんだ?って悲しくなりますね。
それでも正義を、自分を、貫き通したkaratepapaさんこそ、偉大ですよ!!

私もそこを目指しているはずだけど、結局は弱いので中途半端です・・・
女子なんて特に、面倒くさい集団なので(笑)
小・中学生のころは、とにかく正しいことを言っても、気に入らなければ標的にされ、
すぐに仲間はずれですよー。
私はそれが怖くて周りに合わせてしまう子だったから・・・
それは違う、と思いながら、色々悩んでたなぁ。

そういうのダメだよなーと思うようになってから、少しずつ、
「正しいことはちゃんと主張しよう!」 という人になってきました。

会社に苦情を言うのは当たり前というか、普通のことだと思います!
でも、私の経験上、会社に訴えるよりは自分に直接言って欲しいと思うんですよね。
失敗は誰にでもあるし、それが悪いことだったと気づかないこともあるし、
だから直接相手に伝えて、その人が自分で納得して反省して改善してくれれば
それでいいし。
会社で、お客さん側からの主張だけ聞いて事情を知らない上司に叱られるより、
お客さんからダイレクトにクレーム受けたほうがいいですよね、多分。
だから私はそのおばちゃんの会社には言いませんでした。
でも正直、他の人も態度悪かったし、もう企業全体の問題だなと思って
言っても仕方ないわ、こっちが関わりをもたなければ済むわ、と
諦めもあったからなんですけどね^^;

わー、
それにしてもなんかkaratepapaさん、いっぱいコメントしてくださったし、
とてもいい影響を受けました!
それに親近感沸いてくださって嬉しいです♪
また色々「武勇伝」を聞かせてください!

2008/01/30(水) 13:41:27 | URL | さっちん #z.Jczy7U [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mercury10151.blog106.fc2.com/tb.php/81-ad4f7ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。